バイオテクノロジーから生まれたラウンドアップの効果

ラウンドアップの魅力と効果を説明します。



ラウンドアップのメリット


ラウンドアップは一般家庭でも使える、除草剤です。希釈タイプは水で薄めて使いますが、そのまま使えるタイプもあるので、庭の広さや雑草の量に合わせて使いやすほうを選べます。
どちらのタイプも、邪魔な雑草の葉にかけるだけで、自然に根まで伝わり枯れていくので、除草したいところに撒くだけという手軽さが魅力です。葉にかからず土に落ちても、微生物に分解され、自然に消失していくから、土を汚したり汚染したりすることもありません。(参考リンク・・・日本モンサント|ラウンドアップ販売企業

枯れるまでの期間は雑草により異なるので、時間がかかる場合もありますが、一度撒いて葉にかけておけば、後は待つだけでOKです。徐々に枯れていくので、枯れたらそれを集めゴミとして捨てるだけです。土に吸収されても、それが残らないから安心です。

雑草にはいろいろな種類があり、ラウンドアップを撒いてもなかなか枯れない種類があります。しかし葉から吸収され根に届けば枯れていくので、根に届くまでの時間に差があるのは仕方ありません。一般的な雑草なら1週間ほどで枯れていきますから、少しだけ様子を見てみてください。毎年草むしりで頭を悩ませていた人も、ラウンドアップがあれば草むしりをしなくて済むから、庭の手入れがかなり楽になります。


ラウンドアップのデメリット


とても便利な除草剤として有名なラウンドアップにも、デメリットはあります。葉にかかってから根に移行し枯れるという仕組みのため、根に移行するまでの時間は雑草により異なるので、一度に全部片付かないことがあります。それでも根気よく待てば枯れて行きます。

葉にかけることが重要ですから、事前に草刈をしてしまい、葉がない状態の雑草に巻いても、土に落ちると効果がなくなるので、意味がありません。ラウンドアップを使う場合は、草刈や草むしりをしない状態で撒き、きちんと葉にかかるようにするのがポイントです。

1度使えば、葉にラウンドアップがかかった雑草は徐々に枯れていきます。しかし土に落ちた分は微生物に分解され消失するので、しばらくするとまた雑草が生えてきます。ラウンドアップは高い除草効果が期待できますが、1度使えば永久に雑草が生えてこないわけではありません。

庭の環境も家庭により異なります。雑草の葉の部分が土やホコリで汚れている状態で撒くと、十分に葉に浸透しないので、葉が汚れていないか確認しておくと安心です。ラウンドアップは雑草に作用するので、ペットや小さい子供がいる家庭でも使えます。ただし散布した当日は薬液が浸透しきれておらず、ペットや子供につく可能性があるので近づかないよう注意が必要です。


ラウンドアップの特徴


ラウンドアップの特徴を紹介します。水で薄めて使う希釈タイプのラウンドアップにはマックスロードと、薄めずにそのまま使えるマックスロードALという2つの種類がありますが、いずれもほとんどの雑草に使えますし、高い除草効果が期待できます。

ラウンドアップを葉にかけると、葉から根に伝わり、根まで枯らします。庭の雑草は片付けたいが、ガーデニングをしているので、花は枯らしたくないという場合でも、ラウンドアップはかけた雑草だけに作用し、土に落ちた分は微生物に分解されるので、葉にかけなければ枯れることはありません。土に落ちることで除草剤としての効果は失われるので、花を枯らす心配がないのです。

除草剤というと危険なものというイメージもあります。ラウンドアップは土に落ちると1時間ほどで微生物に分解され、時間とともに効果を失います。早ければ3日、遅くとも3週間もすれば微生物に分解され消失するので、土が汚染される心配はありません。成分もアミノ酸の一種グリシンという誘導体を使用しているので、毒劇物には該当しません。

ラウンドアップを撒いても、かかった雑草にだけ作用するので、野生生物や鳥類、昆虫などには影響を与えません。雑草の種類による違いはありますが、ラウンドアップをかけて1週間後にはほとんどの雑草は枯れ、草むしりをしなくても済みます。


バイオテクノロジーが生んだ除草剤


庭がある家は多くの人が憧れますし、庭で家庭菜園やガーデニングを楽しむこともできます。コンクリートにしない限り、土があるとそこにはいつの間にか雑草が生えてきて、気づいたら雑草ですごいことになっていた、というのも珍しくありません。草むしりをすれば綺麗になりますが、雑草は生命力が強いので、草むしりをしても時間が経つとまたすぐに生えてきます。こういう時にあると便利なのが、バイオテクノロジーから生まれたラウンドアップです。

ラウンドアップというのは、除草剤の商品名で、日本でもよく知られています。元々はアメリカの企業が開発した農業用の除草剤でした。日本でも購入できるのは、日本の企業が商標権を取得し、生産権と販売権を得ているからです。ただし日本で販売されているラウンドアップは、海外の工場で生産したものを輸入している形です。

除草剤は園芸店やホームセンターの園芸用売り場に行けば色々と種類が揃っていますが、中には特定の雑草には効果があるのに、効果がない雑草もあるので、雑草により除草剤を使い分けないといけません。その点ラウンドアップは、ほとんどの雑草に使えますし、生命力が強く枯れにくいと言われる多年草にも使えます。

雑草というと、小さく成長しても背が低い草というイメージですが、中には成長するとかなり背が高くなる種類もあります。ラウンドアップは大型の雑草にも使えるから、雑草の種類に関係なく使えるのが便利なところです。